《発令内容》

親族をかたるオレオレ詐欺の発生

 5月9日から11日までの間、札幌市とその近辺、および函館市において、現金を手渡し、被害に遭うオレオレ詐欺事件が5件発生し、被害額は650万円を超えています。

 今後、道内の主要都市などにおいて継続して複数の被害が発生する恐れがあり、警報を発令するものです。

《主な手口》

息子や孫などの親族を装って

「風邪をひいた」
「電車でカバンを盗まれた」
「友達と株をして失敗した」
「取引先との契約にお金が必要だ」
「上司の家族の者がお金を取りに行く」
「弁護士がお金を取りに行く」

…などと言って現金を用意させ、地下鉄や鉄道の駅などを受渡場所に指定してだましとるものです。

※金融機関およびATM設置店舗関係者の方へ
 高額引き出しをする高齢者への声かけをして、不安・不審な点があれば警察へ通報をお願いいたします。